2017年04月

429 名前:彼氏いない歴774年[] 投稿日:2008/05/20(火) 00:37:27 ID:6BU3M1Hz
タコさんウィンナーって言ってる奴!タコウィンナーさんだろうが!
なんでタコにさん付けしてんだよ!
あれはタコじゃなくてウィンナーなんだから、ウィンナーにさん付けしろよ
なに呼び捨てにしてんだよ。

810 名前:Mr.名無しさん[] 投稿日:2012/09/02(日) 23:01:54.37
さっきマックでのんびりしながら、
「ハイ!電車が動かなくて!なんとか会社には向かいます!ハイ!」
って電話しながらスポーツ新聞読んでるオッサンいたけど、
これが社会人として尊敬して見習うべき姿


814 名前:Mr.名無しさん[] 投稿日:2012/09/02(日) 23:02:29.08
>>810
俺だw


817 名前:Mr.名無しさん[] 投稿日:2012/09/02(日) 23:02:34.44
>>810
こういうしたたかさって必要だよな実際


820 名前:Mr.名無しさん[] 投稿日:2012/09/02(日) 23:02:45.22
>>810
そういう奴好きだぜ



この前飼い猫が病気になったんですよ、末期のね。
で、生まれて初めてペットロスを経験したわけですわ。
正直最初はペットロスって軽いもんだと思ってたのよ。動物飼いならみんな普通に経験してるからさ。
あのね、俺が間違ってた。あれは人が経験するもんじゃない。
冷血人間だね、冷血人間だけが耐えられるものだよ。
最初に「安楽死承諾書」出された時さ、
めちゃめちゃびびってペンそろ~って持ってそろ~っと名前書いたのよ。
10秒くらいかけてさ。でなんか怖くなって消すどころか承諾書破り捨てちゃったのさ。
そしたら飼い猫がさ「苦しいよ」とか目で訴えてくるの。
同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。
だから名前書いたのさ。えぇ、そりゃもう書きましたとも。全てを忘れて書いたよ。
家に迷い込んできた時のヤツの心もとないほどガリガリだった体とか、
初めて膝で寝てくれたときにホントに嬉しかった事とか、
エサをねだる時の愛らしい顔とか色々思い浮かんでくるのを頭から振り払ってね。
だってヤツが苦しいって訴えてたからね。
そしてらエライ事になった。
もうすごい即死。そして俺のすごい涙。幅3cmくらい。
昔の漫画だけど星飛雄馬やはだしのゲンにも負けない。
それで横見たら飼い猫がすごい安らかな顔を俺の方に向けてんの。ホントごめんなさい。
正直「飼い主なら苦しみから救ってやるのが義務だぜ!」
なんて見栄張らないで素直に最後まで悪あがきしてやればよかった、
せめて自然に任せて死なせてやればよかったと思ったよ。
心の底から承諾書にサインした事を後悔したね。
でも埋葬が終わって友達に「猫はさっさと死んじまうな!
これだから猫は。今度は長生きするカメでも飼うか」とか言っちゃてんの。
ホント俺ってダメ人間。
誰か助けて下さい。・゜・(ノД`)・゜・。










383 名前: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 2006/09/08(金) 01:19:20 ID:BrIf9ljr

会社がテナントビルに入居しているのだが、そこの管理人が女子トイレに盗撮用カメラを仕込んでしょっぴかれた。
すぐに発見されたっていうことと個室内は写してなかったってことで、内々に収まることになったのだが。

私の会社は仕事終わりが遅く、同じフロアのほかの女子が帰って女子トイレは私一人のものになることが多々あったので、
歯ブラシをくわえながら個室に入ってドアを開けっ放しで用を足し「おうちきぶーーん!!!」と叫んだり、
洗面台の前の大きな鏡でエアロビクスのステップを笑顔つきで練習してみたり、
鏡の前でキメ顔つくってみたり、トイレに入った瞬間パンツを下ろして開放的気分を味わったり、
あややのめっちゃホリデーの振り付けの練習したり、いやらしい顔であえぎ声出してストレス発散したりやり放題だったので、
あのヲタ管理人に全て見られた上、警察に提出されたかと思うと今すぐ舌噛んで氏にたい。

400:383 :2006/09/08(金) 02:40:12 ID:BrIf9ljr

一応事情聴取らしきを受けて「真面目でいつも親切な管理人さんだと思ってました・・・」なんて
かっこつけて悲痛な面持ちでしゃべってしまったので余計に氏にたいです。



892 774RR [sage] 2012/11/12(月) 06:51:17.96 ID:nJ/xjAh2 Be:

眉毛パーティーってのをやると超盛り上がる
眉毛パーティーは女の化粧道具を借りて男女の関係なく
全員が眉毛を繋げるだけ
後は普通に飲む、これで仕事の話題だけのつまらない飲み会も
楽しい飲み会に早変わり
真面目な話しが出来なくなる

このページのトップヘ