20 名前:それも名無しだ[sage] 投稿日:2011/02/24(木) 00:27:14.10 ID:0QTwUEWX
デスノートって途中まで読んでたけどいまだに最後どうなるか知らないんだよな
いい機会だから誰か教えてくんね?どっちが勝つん?


21 名前:それも名無しだ[] 投稿日:2011/02/24(木) 00:32:29.37 ID:DMgzocK/
>>20
月がデスノートを使ってLを殺して勝つんだけど、
そのままキラに反対する人たちをずっと殺し続けるのな
んで月は誰も信用できなくなって、周囲の人を全員デスノートで殺してしまう
で、月は誰もいなくなった世界で寂しく泣きながら過ごしていたらリュークがやってきて
「わかったかい?人は一人じゃ生きていけないんだ。デスノートはキラをこらしめるための道具だったんだよ、元に戻そう」
って言って死んだ人たちが全員生き返って、最後は空き地でみんなでキャッチボールしながら
「にぎやかで楽しいなあ」みたいなこと言って終わり



居酒屋でバイト中、女性のお客様が鏡に向かって真っ直ぐ歩いて、ぶつかる直前に
鏡の存在に気づいて、思わず発した一言。


『うわ、前からめっちゃブス歩いてくると思ったら自分だった。』


派手に吹きました。



536 名前:774RR[sage] 投稿日:2013/09/16(月) 23:21:22.99 ID:y9qAb8xv
娘誕生→看護婦に「初めての抱っこ」を怖くて断った
1歳→全てがカワユス
2歳→お股ポンポンしながら玄関にお迎え
   「とーしゃんおかえりー、くしゃいくしゃいのー」帰宅直後のオムツ交換
3歳→「とーしゃんとケッコンするー」
4歳→必ず玄関までお見送り「クルマにきをつけてねー はやくかえってきてねー」
5歳→嫁に父とは結婚できないと告げられ
   「とーさんとおなじ人とケッコンしたいけどいるかなー?」
6歳→朝、忘れ物を取りに戻り「はいケータイ。忘れ物ほかにない?財布はある?車の鍵は?」
7歳→弟たちに「お父さんが働いてくれてるから、欲しい物が買える。
  ? ちゃんと言う事聞きなさい」
8歳→娘ピアノと俺ギターで合奏
9歳→「おとうさんみたいな男の人ってほんまにいるんかな?あんまりおらんと思う
    ってゆーか絶対おらん気がする!結婚とかいややな。ずっと一緒にいたい」
10歳→一緒にお風呂卒業
11歳→「何にも知らんくせに口出しせんといて!」 …orz
12歳→寝転んでる俺を敷布団にして俺の上に転がり「重いー?いいやんたまにはwww」
   ? 野球が見れん。が幸せ。←今ココ

来年は中学。最大のツンの季節がやってくるのだなorz


537 名前:774RR[] 投稿日:2013/09/16(月) 23:34:30.16 ID:UIz+vky9
うらやましい・・

552 名前:774RR[] 投稿日:2013/09/17(火) 07:48:36.34 ID:C9PQRW0N
>>536
8歳がたまらんな。
うらやましい。

557 名前:774RR[] 投稿日:2013/09/17(火) 08:50:21.78 ID:RNwz6FFD
>>536
ツンの季節は最短でも嫁にいくまで、最長は死ぬまで続く



307 水先案名無い人 [sage] 2012/05/09(水) 02:30:56.44

【女の子着替え覗き中】
 |
 |、∧
 |ω・)
 ⊂)
 | /
 |´       ∧,,∧  ∧,,∧
      ∧ (     ) (     ) ∧∧
     (・`  )   ) (     ノ(   ´・)
     | U (・ω・`) (´・ω・) つノ
      u-u (   ∪) ( つとノu-u
          `u-u'. `u-u'

308 水先案名無い人 [sage] 2012/05/09(水) 05:56:08.88

【制裁中】

     バババ∧,,∧   ババ  ∧,,∧ バババ
   ∧,,∧バ( ´・ω・) ∧,,∧ (・ω・` ) ∧,,∧
  (´・ω・)=つ≡つ);;)ω(;;(⊂≡⊂=(・ω・`)
  (っ ≡つ=つ  (っ  ⊂)  ⊂=⊂≡ ⊂)
  /   ) バ∧,,∧ >>307 ∧,,∧ バ (   \
  ( / ̄∪バ (  ´・)∪ ̄∪(・`  )ババ ∪ ̄\ )
   ババババ/    ) バババ (   \ ババババ
  バババ  `u-u'. バババ  `u-u'












204 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2005/06/13(月) 22:48:12 ID:vk2thxXy
カラオケ屋のトイレの壁新聞。
「今週の早口ことば」の欄を何気なく読んだ。


「坊主がビョウブに上手に
ジョーズの絵を書いたということを
僕らはその時まで知る由もなかった
その日 季節外れの雪が降った」


敗北感に打ちのめされた 

このページのトップヘ